無駄な出費を減らす生活

ストップ

こんにちは、こんやです。

日々生活しているなかで、無駄な出費を減らしたいと考えている人は多いと思います。

僕が考える”無駄な出費”について、今回は書いていきます。

無駄な出費とは

無駄だと思えるお金の使い方は、「絶対これだ」というものは無く、ひとそれぞれ違うと思います。

その中で、僕自身が考える無駄な出費というのは、「やめても生活に支障が無い出費」です。

主に3つ挙げさせてもらうと、

「タバコ」・「ギャンブル」・「お酒」です。

これらの出費を減らそうという内容で書いていこうと思います。

それぞれみていきましょう。

タバコ

タバコは好き嫌いが分かれやすい物ですよね。

タバコが無ければ人生つまらない!という人も中にはいらっしゃるでしょう。

そんなタバコですが、現在社会的にみても減らすことが推奨されている状況です。

まずタバコのメリット・デメリットについてみていきたいと思います。

メリットとしてよく言われているのは、

「ストレスの解消になる」「リラックス効果」「喫煙者同士で話ができ、会話が弾む」

といったことでしょうか。

反対にデメリットとしては、

「体に悪い」「臭いが着く、苦手」「お金がかかる」

ということが考えられます。

それぞれ人によって多少異なるかもしれませんが、主なところはあげたつもりです。

また、タバコのもたらす問題もあります。

タバコのポイ捨て問題、未成年者の喫煙、タバコの依存症、タバコの喫煙場所の区分け等様々あります。

このような状況もあって、近年ではタバコの価格値上げが著しく行われています。

ひと昔前であればタバコ一箱200円前後で買えたものが、現在(2020年)では400円以上する状況になっています。

ですので、タバコを吸う人にとっては大きな痛手となっていのではないでしょうか。

タバコだけで月数千円かかってしまいます。

タバコを吸わない・やめるだけでこの出費が浮く形になるので、出費を減らす生活として大切な項目になるでしょう。

ギャンブル

ギャンブルの出費もやる人にとっては大きな出費となるでしょう。

ギャンブルは、儲けられれば逆にプラスになるので、ついついたくさんお金をつぎ込んでしまうけど最終的に負けて損をしてしまうものではないでしょうか。

ギャンブルとして一般的なものに、「パチンコ」や「競馬」「宝くじ」、他にも様々があります。

必勝法は無く、運に任せるというところが大きいと思います。

ギャンブルをやる目的としては、一番大きいことが「お金を稼ぐ」ことだと思いますが、他にも「楽しいからやっている」「場の雰囲気が好き」といった理由でやっている人もいるでしょう。

遊びと思って予算を決めてやる分には問題ないですが、お金を稼ぐためにやろうとして数万円~数十万円もの大金を費やす方もいるので、注意したいところですね。

「ギャンブル依存症」といってギャンブルがやめられなくなる病態も問題となっています。

ギャンブルの仕組み上、最終的にはお店側が儲かる仕組みになっていることが多いので、控えめにした方が良いというのが僕の想いです。

せっかく働いて得たお金がギャンブルに消えてしまったとなったら笑えませんからね。

無駄な出費を減らす方法として、ギャンブルをやる機会を減らしたり無くすということも大事だと思っています。

お酒

ビールやワイン、酎ハイ等、お酒には種類がたくさんあり、おいしいですよね。

「おいしいですよね」と言いましたが、僕自身はお酒に弱く、少ししか飲めません。

嫌いではないですが、ほんとに少ししか飲めないので味見程度に飲んで、「いい香りだ」とか「炭酸がおいしい」といった感じで楽しんでいます。

よく仕事終わりにお酒飲みに行こう!と仲間内で飲みに行ったり、帰り道にお酒類を買って自宅で飲む習慣がある人がいると思います。

毎日飲んでいる人もいるので、僕からしてみれば「よくそんなに飲めるなー、具合悪くならないのか」と少し心配してしまいます。

お酒はアルコールなので、体に良いという話から悪いという話まで様々あります。

親睦を図るためにお酒を飲むというのも、よくあることですよね。

「アルコールは消毒に使えるから病気の回復に良い(?)」とか「毎日少量であればむしろ健康に良い(?)」といったことを誰かが言っていました。

お酒にまつわる問題もいろいろあります。

酔っぱらった勢いで「セクハラ」をしてしまったとか、気が高揚して人を殴ってしまう「暴力問題」

そして近年「飲酒運転」も大きく取り上げられ、罰則が厳しくなっています。

「アルコール依存症」の問題も大きいですよね。

飲まないと正気を保てない状態になるので控えたいところ。

お酒が原因で人生をダメにしてしまう人もいると思います。

飲んでなかったら起きなかった事故や問題も多々あるでしょう。

こういったことから、楽しく飲む分には構いませんが飲みすぎには注意したいですよね。

また、「お酒を飲まないと一日満足できない」という習慣を身につけてしまうと癖でついついお酒に手が伸びてしまいます。

「お酒のついでにおつまみも!」

という形で、他のものも買いがちなので出費もその分増えてしまいます。

無駄な出費を抑えたいと思うのであれば、こういったお酒を飲む習慣を控えてみることも大切です。

最後に

やる・やらないは個人の自由ですが、少しでも無駄な出費を減らしたいと思っているなら、やらなくても良いことにお金を使うことをやめてみるのも大切なことです。

今回の内容は「お金の出費」に関わらず、「人生の行く末」に関わってくることなのでかなり大事なことだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんやの一言

タバコ・ギャンブル・お酒は、僕は苦手なのでどれもほとんどやっていません。

小さい頃から苦手・嫌いといった印象があったので、大人になってからもやってみたいとは思いませんでした。

結果的に無駄な出費を減らす手助けになっていたから良かったと振り返って感じています。