「車いす」と「雨」

雨降り

こんにちは、こんやです。

車いす利用をしていて不便に感じたこととして、「雨」があります。

僕は普段、自走式(自分の手で車いすを走らせる)で車いすを利用していますが、外出時の雨に困りました。

雨降り時の外出は思った以上に大変

健常者の場合、傘をさして歩けば外出ができますが、車いすだとそうはいきません。

両手が塞がっているので、傘がさせません。

代わりに「カッパ(合羽)」を利用すれば濡れずに済むので、問題なし・・・と思いきや

カッパの場合、風が吹くと舞い上がってしまい、雨が当たることが多いです。

しかも、走らせているとカッパの裾の部分が車いすのタイヤ部分に引っかかってしまい、とても困った経験があります。

毎日外出する場合は注意

車いす利用者にとって「雨」は天敵といっても過言ではないでしょう。

買い物等、自分の好きな時に外出する場合は天気が良い時にすれば良いですが、仕事となるとそうはいかないと思います。

仕事場が自宅やテレワークが可能な職場であれば問題ありませんが、毎日会社まで自分の足で向かわないといけない場合は非常に苦しいでしょう。

ですので、仕事をする場合には車いすに配慮がある勤務先を選択することが大切になります。

例えば、毎日送迎があったり在宅勤務が可能だったり、仕事場と自宅が近い or 繋がっている等。

社会への要望

健常者は当たり前のようにできることも障害者や車いす利用者は困難なことがたくさんあります。

今回取り上げた「雨」も、障害のひとつになりえるものです。

社会への提案や要望として、車いす利用者の送迎サービス新たな働き方の提示を国としてやってもらえるととても助かります。

どうしても天気によって行動できる時間や範囲が限定されてしまうので、もっと臨機応変に生活できる仕組みを整備してほしいと思っています。

車いす利用者に関わらず、すべての人にそういった生活ができるよう、根本的なところから変わっていくと良いなと思います。

さいごに

今回「車いす」と「雨」について書かせてもらいました。

自分ではまだ対処ができていない状況なので、今後雨との上手な付き合い方がわかった際にはまたブログを更新させていただこうと思います。

車いす利用者の方やそうでない方も、この記事を読んで思ったことがあればコメントいただけると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM