車いすで一人旅 ~金沢編④長町武家屋敷跡~

長町武家屋敷跡1

こんにちは、こんやです。

今回は、以前投稿した車いす一人旅シリーズ「金沢編」の第④弾になります。

僕は脳性麻痺の身体障害者であり、車いすを使って移動しています。

先月11月に一人で金沢へ観光に行ってきたので、その時の経験をもとに書きます。

実際に観光した時間は、2日間です。

全部書くと長くなってしまうので、数回に分けてお伝えします。

金沢市の観光場所

石川県にある金沢市は観光地として有名な場所です。

有名な観光地は

  • 金沢駅
  • 兼六園
  • 金沢城公園
  • ひがし茶屋街
  • 近江町市場
  • 長町武家屋敷跡通り

といった場所があります。

今回の金沢編④では、長町武家屋敷跡(ながまちぶけやしきあと)の観光について書いていきます。

長町武家屋敷跡とは

長町武家屋敷跡とは、石川県金沢市長町にある観光地で、江戸時代の武家屋敷が軒を連ねている場所です。

よく時代劇に出てくるような道がこの場所には残されていて、昔ながらの街並みを味わうことができます。

一歩入ってみると過去の時代にタイムスリップしたような気持ちになれます。

静かな場所なので、ただ散策するだけでも十分楽しめる場所だと思います。

長町武家屋敷跡には、外から見るだけでなく実際に家の中に入ることができる場所もあります。

また、周辺には軽食屋さんもありますので和菓子を食べながら楽しむのも良いでしょう。


長町武家屋敷跡は、金沢駅から南の方向に2㎞ほどの距離にあります。

以前紹介した兼六園と金沢城公園のすぐ近く(西側)になります。

兼六園

車いすで一人旅 ~金沢編①兼六園~

金沢城城郭

車いすで一人旅 ~金沢編②金沢城公園~

兼六園や金沢城公園の観光後にここを観光するとスムーズで良いと思います。

長町武家屋敷跡の場所

金沢駅から徒歩でも行けますが、長町武家屋敷跡周辺行きのバスも多くあるので、バスに乗って行くと楽なのでおすすめします。

特に観光地付近を周る「周遊バス」がありますので、どんな場所を通るのか調べておくと良いと思います。

バス停は『香林坊』の場所で乗り降りすると一番近いと思います。

ちなみに、香林坊(こうりんぼう)とは金沢市を代表する繁華街です。

武家屋敷跡を散策後、香林坊でショッピングをして楽しむのも良いかもしれません。

観光に行く前に知っておくべき情報

長町武家屋敷跡周辺は、金沢駅から見て低い位置にあります。

特に、香林坊から見るとガクッと下がった位置にあることは覚えておきましょう。

香林坊側から長町武家屋敷跡へ行く際に、道路に沿って移動するときつめの下り坂になっていますので気を付けましょう。

長町武家屋敷跡周辺は、テーマパークではないので開園時間・入場料といったものはありません。

武家屋敷の中に入る際は入館料が必要となる場所があります。(野村家等)

ほとんどのお店は朝~夕方までの営業時間となっていますので、行きたいお店には明るいうちに行っておきましょう。

長町武家屋敷跡周辺は道が狭く、自動車もよく通りますので気を付けて観光しましょう。

車いす利用者でも観光できるのか

長町武家屋敷跡周辺は道が整備されており、段差も少ないので車いすでも十分楽しめる場所になっています。

車いすで武家屋敷周辺の風景を眺めながら移動するだけでも、楽しむことができると思います。

しかし、武家屋敷等の建物内に入って観光する際には段差や階段があったり、靴を脱いで入らなければならない場所もあるので、屋敷に入っての観光は車いす利用者は難しいと思います。

トイレについては、車いす利用者でも利用できる優先トイレが1か所ありますので、事前に場所を確認しておくと安心して観光できます。

できること難しいことを挙げましたので、この点を理解したうえで観光してください。

また、先ほど香林坊のバス停から長町武家屋敷跡へはきつめの下り坂になっているとお伝えしました。

下りはスピードが出ないようゆっくり進めば良いですが、上りは一人だとほぼ無理です。

付き添いの方に押してもらっても、上りはきついと思います。

「行くことはできても帰ってこれないんじゃないか・・・」と思うかもしれませんが、奥の手があります。

それは、ショッピングビルのエレベーターを利用することです。

長町武家屋敷側から香林坊側へ移動する際、複数のショッピングビルが並んでいるので営業している場所のエレベーターを利用し、目的の場所まで移動することができます。

ビルから外に出る際にはスロープが付いている場所もあります。

買い物も楽しみたい方もいらっしゃると思うので、付き添いの人と一緒に観光すると安心して観光できると思います。

ひとりの場合でも観光は可能ですが、自分の体力や安全面を考えて無理のない範囲で進みましょう。

それでは、車いすで長町武家屋敷跡を観光する方法を紹介します。

車いす利用者が長町武家屋敷跡を観光する方法

①バスで長町武家屋敷跡まで行く

車いす利用者が長町武家屋敷まで行くには、バスを利用すると良いでしょう。

バスを利用する場合、周遊バスや一般の路線バスに乗って「香林坊(こうりんぼう)」の停留所で降りると一番近いです。

金沢観光(長町武家屋敷跡)バス停位置

バスから降車後は、武家屋敷跡方面に下って進むか、ショッピングビルのエレベーターを利用して下の階に移動しておくと安全に進めると思います。

駅から徒歩(車いす移動)でも行けますが、道幅が狭い場所があることと、坂になっている場所があるので注意しましょう。

②長町武家屋敷を観光する

長町武家屋敷は平らな石が敷かれた路面になっており、凸凹していないので車いすで容易に進むことができます。

長町武家屋敷跡2

昔の古風な建築技術で建てられているので、時代劇に出てきそうな雰囲気を味わうことができます。

武家屋敷界隈の建物は実際に人が住んでいます。

ですので、軒先には”自動車”があったりして”現代と過去の融合”を楽しむこともできます(笑)

あと、武家屋敷の中に実際に入って観光できる場所もあります。

長町武家屋敷跡5

『武家屋敷跡 野村家』という場所が一般に公開されている屋敷で、入館料を払って中に入ることができます。

ただし、車いすの方が中に入るのは難しいので、付き添いの方のみで入館し、後程中の様子を教えてもらったりすると良いと思います。

こちらの屋敷の前には和菓子等を販売する軽食屋さんがあるので、食べながらのんびりするのも良いでしょう。

また、近くに『長町武家屋敷休憩館』があり、こちらに観光案内のスタッフがいるのでわからないことは聞いてみましょう。

③長町武家屋敷跡を楽しむ

長町武家屋敷跡3

長町武家屋敷跡では景色を見て楽しんだり、当時の雰囲気に触れて味わう、デザートや和菓子を食べて楽しむ等、楽しみ方は様々あります。

あと、着物をレンタルして歩いている女性(観光客)も多くいるので、それを見て楽しむのもアリだと思います。

長町武家屋敷跡では、古風な建物を見るだけでなく、庭に植えられた木々を見て楽しむことも忘れずに。

四季折々の自然の姿を楽しめます。

僕が行った時は紅葉シーズンだったので、きれいな景色を楽しみながら観光することができました。

長町武家屋敷跡4

天気の良さも相まって、美しい景色を味わうことができたので大いに満足しています。

都会の騒がしい雰囲気に疲れた時など、こういった場所に来て心を穏やかにするのも良いですよね。

「江戸時代当時の服装を着てコスプレしながら、この長町武家屋敷跡界隈を歩いてみたいなぁ」とちょっとした妄想も広がります(笑)

古風な物が好きな人には、特におすすめの観光地です。

④観光を終える

帰る際は来た道をそのまま戻ると来た時とはちょっと違った風景を見ながら進めるのでおすすめです。

近くが香林坊の繁華街になっているので、ショッピングをして帰るのも良いでしょう。

最後に

金沢編④長町武家屋敷跡の内容は以上となります。

「車いすで金沢を楽しめるのか、自分の目や体で体験して知りたい!」

そんな思いで車いす一人旅をしてきました。

長町武家屋敷跡を観光する際の参考にしてもらえればと思ってこの記事を書きました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんやの一言

武家屋敷の中に入ってみたかったけれど、車いすでは難しかったのできっぱり諦めました。

それでも、武家屋敷界隈の雰囲気を味わい、楽しむことができたので良い思い出になりました。

冬シーズンに行くと武家屋敷界隈の雪景色も見れるので、いつか冬にもう一度行ってみたいですね。

兼六園

車いすで一人旅 ~金沢編①兼六園~

金沢城城郭

車いすで一人旅 ~金沢編②金沢城公園~

車いすで一人旅 ~金沢編③ひがし茶屋街~