杖利用者が買い物をする時の便利な手段

こんにちは、こんやです。

僕自身、これまで両手に杖を持って移動していました。

今回は、杖を利用する人が楽に買い物をするための方法をお伝えしたいと思います。

杖利用者が買い物に行く時、どうしているのか

ちょっと想像してみてほしいのですが、買い物に行く時って皆さんどうしますか?

買い物かごを持って移動したり、カートを利用しながら買い物を続けますよね。

杖利用者の場合、片手又は両手が塞がっているのでかごを持つことができないことが多いです。

誰かと一緒に行く場合はその方に手伝ってもらえば良いですが、一人暮らしだとそうはいきません。

無理をすれば、片手にかごを持つことができても移動が大変になってしまいます。

店員さんがサポートしてくれる場合は有難く手伝ってもらうと良いですが、毎回そうはいきません。

また、商品を購入できたとしても、それを持って帰ることが非常に困難だと思います。

僕自身、両手で杖を持って生活しているので、その難しさは痛感しています。

「この状況では買い物すらできない><。一体どうすればいいのか??」

杖利用者が買い物をするためのおすすめ方法

僕(杖利用者)の体験から、おすすめしたい買い物の方法を紹介していきます。

※一人暮らしで自炊をする方を対象に紹介しています。

1.ネットショッピング

アマゾンや楽天、ヨドバシカメラ等のネットショッピングを利用する方法があります。

メリットとしては、自分が移動したり物を持つことなく、パソコン等で簡単に買い物ができることです。

足の悪い方や体の弱い方等、時間や体力を消費せずに買い物ができるのでとても便利な方法になります。

デメリットは、注文してから到着するまで時間がかかるということ。

注文から2~3日かかる場合もあります。

また、送料等の手数料がかかり、通常のお店に行って買うよりも費用が多くなることです。

”〇円以上購入すると送料が無料になる”サービスを利用すると良いでしょう。

2.宅配サービス

生協のおうちコープやオイシックス、らでぃっしゅぼーや等の宅配サービスを利用する方法があります。

メリットとしては、毎週定められた曜日に注文した商品・食材が届くので便利なこと。

一度登録しておけば毎週届くので「食べ物が無い!?」という状況を防ぐことができますね。

最初に紹介したネットショッピングに比べ、宅配サービスの場合は

”生鮮食品”を届けてもらえることが大きいです。

肉や野菜、果物等はネットショッピングだと買えない場合が多いので、これらが欲しい場合には宅配サービスを利用すると良いでしょう。

デメリットとしては、ネットショッピングと同様に送料がかかること。

スーパーや八百屋さんの価格に比べて、割高なこと。

また、実際の商品を目で見たり触ることができないので、品質を確認できない点があります。

まとめ

インターネットの普及により、外出しなくても買い物ができるようになりました。

先ほど紹介した方法を利用すれば、足の悪い方や物を持つことが難しい方等、楽に買い物ができるようになります。

買い物ができず悩んでいる方は是非、この方法を使ってみてください。

きっと生活が楽になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM